妊娠してからの費用
計算条件:
  • 9月4日のCheck One FASTから!
  • 品物はマタニティ関連のみ(一般食品/一般衣類等は除く)
  • 診察代、通院代を含む
  • 無事出産が終わるまで!
  • お祝いや御礼の費用も!
合計:約23,200円
(10月6日現在)
妊娠してから買い始めた物
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
妊娠セラピー―はじめての出産でも安心
妊娠セラピー―はじめての出産でも安心 (JUGEMレビュー »)
スーザン・マギー,カーラ・ナキスベンディ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
【育児】王子のおむつ事情
久々にこのブログを読んで頂く方は、まずコチラをご覧ください。

「長い、長い、トンネルを抜けて・・・」


久々の更新に対して、思いもよらないコメントの多さに、驚きを隠せません。
こんなにも皆さん、待っていてくれたんですね。

ブログの管理画面で確認したところ、全く更新していなかったこの4週間弱、1日平均1000アクセス以上あった事も判明。

ホントに嬉しいです・・・(涙)

この喜びをエネルギーにして、日々更新を続けたいと思います!!







さて・・・



ここまでの文章、読む方にとっては大した文章量では無いのですが、書き上げるのに既に24時間以上経過していますびっくり

何故かというと・・・

昨日の昼間、仕事の合間に更新でも・・・管理画面を開いて、
「いくじ おうじのおむつじじょう・・・」
と書き始めたのですが、そこから急に仕事が忙しくなって、ブログの書き込みを中断し、一時下書き保存。

仕事中、ブログにコメントが入った通知がケータイに入り、仕事のちょっとした合間をぬってコメント返信。
ただし、ブログ更新までのまとまった時間はとれず。

で、また仕事中にコメントが入り次第、合間をぬってコメント返信。

昨日の昼間はこの繰り返しでした。

で、夕方、王子の沐浴時間が迫り、急いで仕事を切り上げて帰宅。

ここからは、世間の時間の常識は捨て去り、王子専用の生活時間へシフト。

王子がオシッコすればオムツを交換し、グズればあやして。

妻が夕食の準備やトイレ、入浴をしたい時は、私が代わりに面倒を見て、と。

帰宅した後は「自分の時間」をまとめて作れるのは数分程度。

数分程度を自由時間を断片的に得たところで、ブログを書き上げるのは、私の手際ではほぼ不可能。
せいぜい15分から30分は、まとまった時間が欲しいところ。

王子がねんねしたスキにブログ更新・・・と思いきや、私の思惑を見抜いたかのように、
「遊んでぇ〜〜〜!つまらないよぉ〜〜〜!赤ちゃん汗
と泣き始めます。

何とかあやし、王子がまたねんねに入ったら、ブログの管理画面を立ち上げて、これまで書いた下書きを読み返して、よし、つづきを書こう〜としたら、また
「びぇ〜〜〜〜ん!赤ちゃん汗
ですから(笑)

そんなこんなのやり取りを繰り返して、ようやく王子が本格的にねんねを始めた頃には、私のエネルギーもほぼ空に冷や汗

そして結局、昨夜は帰宅後ほとんどブログを手につけず、最低限のコメント返信のみで、布団の中に吸い込まれるのでしたぁ月

本日の昼間も、昨日の昼間と同様なタイムテーブルでした。

そして今、ようやく!

王子もぐっすりねんねして、妻も比較的余裕を持って王子を見守っているので、自分のまとまった自由時間を確保しているのです!!


いやぁ〜、育児で子どもの時間に合わせるとなると、自分の自由時間は捨てる覚悟が必要ですね。

自分の時間が持てない
=家で休まらない
=旦那は仕事が終わっても外で遊ぶ
=家庭内不和
=浮気・子どもの非行・離婚、などなど・・・

みたいな、世間でありがちな負の悪循環が想像できます。
(最後はかなり飛躍しすぎか)

幸い、私は家に帰ったら家事・育児に専念できる方が好都合。
自分にとっての自由時間は、王子と一緒にいる時間と言っても過言ではありません。

日々、王子の顔を見て、癒されています。

おむつ交換の時にオシッコをかけられても幸せ〜ときめき

夜にグズって眠れないようなら、
「体力が続く限りとことん付き合ってやろうじゃないか!」
と受けて立ちます(笑)

しかし、こんなことを言えるのも、1日のほとんどを王子と過ごして、王子のために頑張ってくれている妻がいるからです。

これは断言できます。

グチ一つこぼさず、家事・育児の疲労と上手く付き合い、潰れない程度のペースで王子と一緒に楽しんでくれています。

ホント、妻には脱帽。

結婚当時、
「あたし、子どもってあんまり好きじゃないだよなぁ」
と言っていたのがウソのようです。

と、こんな感じなのですが・・・

ところで・・・

タイトルの
「王子のおむつ事情」
っていつから書き始めるんでしょう???

完全に書き始める流れを失ってしまいました冷や汗

てな訳で、タイトルの内容は、また明日か別の機会に書きます汗


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングに再び挑戦します!
「ポチッ」とクリックして応援をお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 21:23 | comments(18) | - |
妊娠・出産にかかった費用
久々にこのブログを読んで頂く方は、まずコチラをご覧ください。

「長い、長い、トンネルを抜けて・・・」


さて。

あまりにも久々のブログ再開なので、何をどんな順番で書き始めれば良いのか、分かりません!

ですので、リハビリを兼ねて、少しずつ、思いついた事を書いていく事にします。

えーっと・・・

このブログの左エリアに掲載していた「妊娠してからの費用」ですが、王子が生後1ヶ月を迎えた6月上旬に、内祝いをお出しして、ひと段落着きました。
そして、その合計金額は約76万円となりました。

この76万円は、出産一時金として自治体から頂ける35万円は差し引いた後の金額です。
ですので、もしも正しい申請をしていなければ、役110万円はかかっていたことになります。

子ども1人の出産のために必要な費用:76万円

これを安いと思うか高いと思うか。

もちろん、出産してからの育児費用のが何倍も掛かりますが。

ある統計では、出産後から成人して社会に出るまでの育児費用は、2千万円以上、と発表されていますね。
(進学する学校が公立か私立か等によってだいぶ異なりますが)

なお、我が家が選んだ産院は、かなり割高だと思います。
個室利用の標準4泊5日の分娩費用で、60万円です。
出産一時金を差し引いても、25万円の出費です。

大きな総合病院等はもっと格安なので、上手くやりくりできると、35万円以下で出産できて、一時金のお陰で収入になる、なんて事もあるようですが。

「高けりゃいい、安かろう悪かろう」
という訳ではないと思いますが、結果的に妻も王子も100%の満足度で出産でき、その後の産院とのお付き合いもとても良好なので、単純に金額では評価できないと思いつつ、この産院を選んで良かったと納得しています。

ただ、他の妊娠出産関連ブログで、産院や病院とのギクシャクした出来事を目の当たりにすると、心苦しくなります。

妊娠・出産は病気ではない、でもママと赤ちゃんも命をかけて出産をするんだよ、だから楽しく安心して出産できるように準備しましょうね、という気持ちが、あらゆる関係者から伝わってくれば良いのですが・・・


今日の埼玉はとても良い天気晴れ

妻は、王子をベビーカーに乗せて、近所のママ友さん宅へ遊びに出かけました。
ランチ会だそうです赤ちゃん

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングに再び挑戦します!
「ポチッ」とクリックして応援をお願いします♪
| 出産記録 | 12:46 | comments(12) | - |
長い、長い、トンネルを抜けて・・・
お久しぶりです、nobです。

とても、とても、今までにない、更新間隔を空けていました。

最後の記事が5月29日でした。

「もう更新しないの?」
とか
「何かあったの?」
と、ご心配をお掛けしました事、本当に申し訳ありませんでした。
今回は、どうか言い訳をさせてください。

去る5月4日。

274日に及ぶマタニティ生活の集大成として、無事、王子が誕生しました。
そして、すくすくと順調に王子が成長し始めてくれました。

私は、この、あまりにも順調かつ、劇的で感動的な妻の出産を目の当たりにして、いわゆる「燃え尽き症候群」に陥ってしまいました。

「燃え尽き症候群」・・・

過去に何度か、経験があります。
人生初の燃え尽き症候群の経験は、大学受験。
部活動を引退した初秋から、寝ても覚めても参考書を手にして、1日24時間くらい机にかじりついていた受験勉強。
これ以上ないというくらい努力して、集中して、全身全霊をかけて受験に臨み、そして無事合格。

「合格」という文字とともに、半年間に及んだ束縛からの開放感で、完全に緊張の糸が切れ、その後しばらく、何もしない、できない、寝てるのか起きてるのか分からない時期がありました。

同じような経験は、就職活動でもありました。
20数社受けて、全敗。
内定の保険がないまま、もう後が無いと崖っぷちの想いで乗り込んだ、最終かつ第1候補にしていた企業の試験に臨んだときは、人生最高の集中力だったかも知れません。
そして、内定。

「内定」という言葉の呪文にかかって、何もしない時期が1ヶ月弱ありました。

私は、昔からこういう症状を「燃え尽き症候群」と読んでいます。

ある事に対する強い想いとそれに掛ける情熱や集中力が高ければ高いほど、それを達成した時の開放感が、精神的にマイナスに作用して、何もやる気がなってしまうのでしょうか。

今回、私は「妻の妊娠と出産」という人生初の体験を前に、
「夫として何ができるのか?」
「どう接すれば良いのか?」
「無事に出産できるのか?」
など、あらゆることに想いを巡らせ、悩み、行動し、そして、高い集中力の中、出産を迎えました。
今でも、妻の破水の時から出産までの約13時間のやり取りは、昨日のことのように鮮明に覚えています。

本当にがんばりました。

妻にも、生まれてきてきてくれた王子にも、そして自分にも誉めてあげたい。

心からそう思いました。

そして私は、燃え尽き症候群に陥ってしまいました。

ちょうど5月だったということも災いしたのでしょうか。

いわゆる五月病も、燃え尽き症候群も、
「何もやる気がおきない」
という感じではないでしょうか。

幸い、育児に関してのやる気は120%残っていて、それ以外の仕事や人付き合いに対して、意識が完全に遠のいてしまいました。

「育児は楽しいのだから、せめてブログ更新だけでも!」
と思ってみたのですが、私の中で、世間の育児に対するマイナスなイメージが脳内を支配してしまっていたのです。

というのは・・・

「妊娠出産」というものに1つの理想像をあげるとすれば、
「体調が良いまま、280日を過ごし、陣痛もそんなに辛くなく、母子ともに命の別状無く、スポンと産まれる」
みたいなことが挙げられると思います。
この理想像に向かって、あらゆる妊婦さんやその関係者が協力し合い、頑張っていきます。
理想とは異なる展開になっても、赤ちゃんが産まれてさえくれれば、ハッピーな気分になれるのだと思います。
たとえば、緊急帝王切開だったり、早産だったり・・・
妊婦さんが100人いれば、100通りのドラマがあり、100通りのゴールの仕方がある。
それでも最後には幸せなゴールが待っている、だからそれに向けて頑張る妊婦さんのことは応援したい、という想いでこのブログを続けるモチベーションを維持できたのだと思います。

しかし、出産はゴールではなく、育児のスタートでもあります。

育児に、理想というものはあるのでしょうか。
私にはその答えが出せていません。

「王子は順調〜♪」
とブログに書き始めたものの、何に向かって順調なのだろうか。
私はこの子の親であり、この子が望む理想通りに育てて挙げられているのだろうか。
少なくとも、産まれて来たばかりの赤ちゃんは、自己の将来に対して無限の可能性を持っているはずです。
その無限のはずの可能性を、親の常識の範囲内で、1つ1つ潰していっているような気になって仕方がありませんでした。

そんな、答えが出そうもない悩みに翻弄されている間にも、世間では育児に関する残酷なニュースが報道され、心を痛めました。

幼児虐待や、親都合の勝手な育児など・・・

ロマンチックな言い方をすれば、親と赤ちゃんはお互いが求め合って出会ったはず。
でも、生まれてからの育児方針というは、あくまで親に主導権があり、赤ちゃん・子どもには、選択権がありません。
そういう想いで世間を見渡すと、あまりにも赤ちゃん・子どもに対して、残酷な育児が氾濫しているような気がして、苦しくて苦しくてたまりませんでした。

それが育児へのマイナスイメージでした。

反面教師!
そう思えればプラス思考。
しかし、そこまで前向きになれず、せめて、
「他人なんだから、知らん振り」
と割り切れれば、まだプラスマイナスゼロなはずなんですが、片時も王子のことを忘れられない自分にとって、他人事的な考えで落ち着かせる事ができなかったのです。

「今日、街角でみたあの親子は、あんなだったけど、我が家はこうで良かった〜」
と考えるのは、何か自分の中で納得がいかなかったのです。

それらの想いから、自然とブログから手が離れてしまいました。






・・・・





まだ心の全てをかけた気はしません。

妙に発散した内容の言い訳で、結局何が書きたかったのか、イマイチ自分でも分かってないのですが、今の私には、このブログ更新を待ち望む方々がいらっしゃるという事が、本当に嬉しくて、今までの悩みを吹き飛ばせるくらいの元気が出てきました。

サリさん、美紀さん、コメントありがとうございます。
コメントの文章を読んだとき、嬉しくて涙が流れそうになりました。

そして、この更新不精の間にも、無事に出産を迎えられたらんこさん、ぽッちさん、こじかママさん、ぽんぽこさん、それ以外にもたくさんの妊婦さんがいらっしゃると思いますが、本当におめでとうございます!!

私は、これから、またこのブログの更新を再開します。

このブログを通じて、日々頑張る妊婦さん、その旦那さん、先輩ママさん、これから赤ちゃんを授かりたい人たちに何かを伝え、そして教わることで、私にとって大きな財産になると信じています。

申し遅れましたが、我が家の王子も妻も、今までの間も、そして今もとても元気に過ごしてます♪

マイナートラブルは尽きませんが、全てが愛しく思えることばかり。

この親バカぶりを伝えないほど損なことはないですね(笑)

さぁ、がんばります。

皆さんも頑張りましょう!


出産、育児は、本当に楽しいんですから。
| 育児記録(とりいそぎ) | 23:06 | comments(12) | - |
過去の記録を一部アップしました〜
5月27日から本日までの3日分の記録をアップしました。

1週間もご無沙汰して申し訳ありませんでした汗

是非、過去の記録を読んでみてください。

5月27日 亡き兄の誕生日

5月28日 【育児】 乳腺炎で妻が発熱

5月29日 らんこさんのお子さんが誕生しました!


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングで2位です!
ステキなマタニティライフを祈念して「ポチッ」とクリックお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 17:56 | comments(12) | - |
らんこさんのお子さんが誕生しました!
祝このブログの常連さんで、日頃からコメントを戴き、相互リンクを張らせていただいているらんこさんに、昨日待望の赤ちゃんが誕生しました!祝

ここのひとつ、高齢出産で!

持病、流産経験、高齢出産など多くの困難を乗り越えられ、出産予定日を8日ほど過ぎた昨日28日の朝、帝王切開にて出産した模様です。

胎児ネーム「サバオ」ちゃん、女の子です赤ちゃん

何だか、我が家の事のように嬉しく思います。

1ヶ月以上前から決まっていた出張を取り止めて、しっかりと付き添いをなさったという旦那様にも感動です。

こんな優しい心を持ったパパに支えてもられるママや子どもは、本当に幸せになれると思います。

帝王切開後は、しばらく麻酔が効いていたり、赤ちゃんを抱きたくてもだけない歯がゆさがあるようですが、これから無限に広がるステキな世界を是非満喫して戴きたいと思います。
我が家と一緒に!

退院後のレポートも楽しみですね見る

まずは取り急ぎ、この場にて、らんこさんへお祝いを楽しい

祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝桜祝


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングで2位です!
ステキなマタニティライフを祈念して「ポチッ」とクリックお願いします♪

| 良いモノ紹介 | 11:48 | comments(3) | - |
【育児】 乳腺炎で妻が発熱
昨日、27日のこと。

私が仕事から帰宅した18時過ぎ。
早速、王子の沐浴の準備を始めようとしたところ、妻が、

「実は、頭痛がひどくて・・・しょんぼり

と切り出した。

「いつから?」

と聞き直すと、今朝から痛いとの事。
しかも、今朝は頭痛の他に、身体中の筋肉が痛かったとも。
日中、王子と一緒に極力寝て安静にし、身体の痛みは治まったものの、頭痛は残ったまま。

「体温を計ってみよう」

ということで、妻の体温を計ったところ、37.7度!
妻の平熱が、36度弱ですので、明らかに発熱していました。

頭痛、全身の筋肉の痛み、発熱、という症状を考えれば、明らかに風邪です。

風邪薬を飲むべきか、悩みましたが、母乳への影響を懸念し、とりあえず、掛かり付けの産院へ電話してみることに。


妻「そちらで、先日出産した者なのですが、今、37.7度の熱と頭痛があるのですが、市販の薬は飲んでも良いのでしょうか・・・?」

電話に出てくれた方は、おそらく夜勤担当の助産師さん。
再度一通り、症状について確認され、その回答は、

「大丈夫です。市販の頭痛鎮痛剤を服用して構いません。ただし、クシャミや鼻水といった症状がないので、風邪ではなく、乳腺炎かも知れません。様子を見て母乳外来で診察されるのをオススメします」

と。

なんと親切な対応。そして、納得のいく回答。
いつも思いますが、この産院は、あらゆる面で本当に素晴らしいです。
昨今の産院不足の中で、クルマで10分程度で通える位置に、住んでいる我が家は、本当にラッキーです。

で、この回答を受けて、妻は早速バファリンを服用。
幸い、この夜は王子も比較的大人しく寝てくれて、夜中2度程のオムツ交換は、私が率先して担当し、妻は目が覚めてはいるものの布団の中で待機してもらいました。

おっぱいの時は、さずがに妻に交代し、私が布団へ。

30分程かけて、ゆっくりたっぷりおっぱいをあげている妻の姿は、たくましく見えました。

が、いつの間にか、王子は乳首を加えたまま満腹そうに眠ってしまい、妻は王子を抱っこしたまま眠っていて・・・
これもまた、微笑ましい姿でした。

しかし、そのまま放置させては二人とも風邪を引いてしまうので、妻をそっと起こし、王子をベッドに寝かせ、夜は更けていきました。

翌朝の今日、妻の体温を測ると、熱は36度前半まで沈静化。

頭痛もほとんどなく、ほぼ回復といった感じです。

しかし昨晩の助産師さんからのアドバイスで挙がった「乳腺炎かも」という点が気にかかったため、朝一番で王子を連れて産院へ行くことにしました。

母乳外来で受け付けると、以前にも案内された部屋へ。

詳しくはコチラ→「母乳外来 効果絶大のおっぱいマッサージ

今回は、おっぱいマッサージの前に、採血し、血中の炎症成分を確認。

やはり乳腺炎で、症状としては初期レベルだったようです。

乳腺炎が悪化すると、乳房が硬くなり炎症を起こすだけでなく、切開して古い母乳を取り出す手術が必要になることもあるそうだとか。

そんなひどい状態までには至ってなかったものの、特に右側の乳房の下側(底部?)が、だいぶ詰まっていて、かなりの炎症を起こしていたとのことです。

妻も、日頃から洗面所でおっぱいを絞ってはいましたが、それを上回る生成量だったということですね。

また、乳腺炎は風邪の症状によく似ているため、産院での診察を受ける前に内科に行ってしまうと、一般人の風邪と同じ処方をされてしまう事があるそうです。
幸い、我が家は、まず産院に相談したことで、寄り道をしなくて済みました。

前回同様、両方の乳房を約1時間かけてマッサージし、おっぱいはプルンプルンの柔らかい状態に復活!(妻の表現より)

今はすっかり元気です。
頭痛も熱も解消。
乳房も健康(?)です。

新鮮なおっぱいは、王子にとっても好評赤ちゃん
ゴクゴク飲んでくれています。

妻と王子、完全母乳育児は、今も順調に進んでいます!


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングで2位です!
ステキなマタニティライフを祈念して「ポチッ」とクリックお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 23:59 | comments(4) | - |
亡き兄の誕生日
今年の5月27日は、私の誕生日(5月22日)以上に、意味を持つかも知れません。

この日は、兄の誕生日です。

昨年10月30日未明、3年半に及ぶ、癌との闘病生活の末、天国に旅立ちました。

兄が亡くなる少し前の9月。
妻のお腹に命を授かり、マタニティライフがスタート。
「妊娠初期の苦しいつわり等の時期を乗り越えて、安定期に入ったら、家族に報告しようね。もちろん、兄ちゃんにも!」
と二人で話し合っていました。

そんな私たちへの突然の訃報。

兄に、私たちたの赤ちゃんのことを直接伝えることはできませんでした。

無事に妻が出産し、元気に王子が育ってくれているのも、きっと兄が天国から見守ってくれているからと信じています。

そして、これからも、ずーーーと見守って欲しいです。

兄と同じ5月産まれの、私と王子。

兄の分までしっかりと授かった命を大切にしていきたいと思います。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングで2位です!
ステキなマタニティライフを祈念して「ポチッ」とクリックお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 23:59 | comments(2) | - |
【育児】 本日の「そう言えば」集
王子誕生から18日が経過しました。

今日も王子は、お外の空のように健やか元気です晴れ

さて早速、本題に・・・



そう言えば 【その1】

出産を終え、王子のデレデレ育児記録がメインの内容になってまい、妻のことを書くのをスッカリ忘れていました汗
出産後の妻の様子を記録するのも大事なことですよね。

とりあえず今回は、体重のことを。

妻は出産後、4泊5日の入院生活を終えて退院した時の体重は、出産直前の体重から4キログラムしか減量していませんでした見る

王子の体重が約3キログラム。
羊水の量が、きっと1キログラムはあったはず。
(滝のように流れてましたから!)
これで既に4キログラム。
他には、後産での胎盤等があるはずなのですが・・・?

妻の証言では、入院食があまりにも豪華で美味しかったので、体重が落ちなかったのかも、との事です。

まぁ、出産直後の産婦さんは食事どころではない、と散々聞いていたので、逆にモリモリ食べられた妻は偉いかな、と。
無事で健康な証拠かな、と。

で、退院して1週間ちょっと。
体重を量ってみたところ、退院時から更に3キロ減!
妻の証言では、完全母乳に徹するため、野菜中心の粗食、それに加え、王子がゴクゴクと母乳を飲んでくれるため、みるみる体重が落ちていったとか。

なるほど。
自宅にこもって、外出・散歩・運動しなくても、やせていけるものなのですね。

しかし。

ここには大きな落とし穴が・・・

まず体型。

明らかにお尻が大きい!
大きいというか、横に平べったい?!
フライパンみたい?(妻に怒られる〜)雷
出産直後で骨盤が開いているから当然なのでしょうか。
マメにトコちゃんベルトを使っているようですが、まだ目に見える効果は無いようです。

続いて、肉質。

「体重」というあくまで数字上では減量に成功していますが、身体中の肉質は、霜降り牛のように柔らかくなっています。
妊娠前のような、スジ張った筋肉質は全くなく、脂肪分ばかり。
運動生理学を学んだ事がある方なら、今後妻がこれから先どうなっていくのか、容易に想像がつくと思います。

まず、筋肉が無くなったので、基礎代謝が下がります。
基礎代謝が下がると、身体中の脂肪分は燃焼されません。
すると更に基礎代謝が悪くなり・・・

完全なる負のスパイラル〜冷や汗

このままの調子でいけば、妻は(以下省略)

王子がもう少し大きくなって、一緒に外出できるようになったら、お散歩やお買い物に積極的に出て、身体を動かしていって欲しいと思います。


そう言えば 【その2】

王子、かなりの頻度でしゃっくりをします。

おっぱいを飲んだ直後。
寝ているところを起こした直後。
抱き上げた直後。
などなど・・・

産院のスタッフの皆さんは一同に
「赤ちゃんにとってしゃっくりは全然辛くないので心配しなくて良いですよ」
との事ですが。
よく迷信(?)で、しゃっくり100回したら死ぬ!なんて言われてましたが、王子は、余裕で100回を越えるしゃっくりをします。

こんな感じです↓



赤ちゃんは、横隔膜が弱いので、ちょっとしたショックや負担でしゃっくりの原因になるようです。
本当にデリケートですよね。


そう言えば 【その3】

出産直後から産院のスタッフの間で話題になっていた、我が家の王子の得意のポーズ。

ガッツポーズ!

どういうタイミングでやってくれるのか、なかなか遭遇するチャンスが無かったのですが、一足先に、妻が目撃!
さすが、1日中、一緒にいると見せてくれるようですね。

そして自分も、つい先日、ようやく見ることができました!

あまりのカッコ良さに見とれてしまい、シャッターチャンスを逃すハメに・・・しょんぼり

しかし、奇跡は再度起こり、今度はカメラの前でやってくれました!

今回、皆さんにご紹介〜拍手

ガッツポーズ

ん〜正義のヒーローって感じ?ときめき

ん?ただの親バカ?

えぇ、バカ親ですが何か?



そう言えば 【その4】

らんこさんが出産予定日を過ぎ、誘発分娩のため入院されました。

このブログを開設して以来、早期からコメントのやり取りを重ねてきた妊婦さんです。
妻とは出産予定日が約1週間遅れの方です。
40歳を越え、辛い不妊治療や持病の治療を乗り越えながら、やっとたどり着いた出産予定日。
感動と幸せの対面はあとわずかです。
是非、母子ともに無事であることを願っています。


そう言えば 【その5】

妻と王子が添い寝をするようになりました。

ダブルベッドの上で、二人で添い寝しながら、おっぱいをあげる事があります。
この行為のことを妻は、

沿い乳(そいちち)

と呼んでいます。

沿い乳をすると、100%の確率で王子は寝てくれるそうです。

この奥義のことを妻は、

沿い乳眠(そいちちみん)

と呼んでいます。

添い寝

添い乳眠してくれた王子を記念して写メールしている妻を撮影する、私カメラ


そう言えば 【最後】

今日は・・・

私の誕生日ぢゃん!

妻は完全に忘れています冷や汗

家族からも連絡無し・・・しょんぼり

っていうか、私も忘れていました汗

話題の主役の座を完全に王子に奪われているな・・・私。

まぁ、いいです。
(記念日終了まであと2時間ちょっと)

今日から31歳。
今後とも、王子と私、そして妻のことを宜しくお願いします!男赤ちゃん女



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングでなんと1位です!
順調な育児を祈念して「ポチッ」とクリックお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 21:34 | comments(24) | - |
過去の記録を一部アップしました!
読書5月14日【育児】 王子に初の郵便物


読書5月15日 【育児】 衝撃の事実! その2


読書5月16日【育児】 王子の日々の成長とちょっとした不安


まずは過去2日分の記録をアップしました!
是非是非、読んでくださいませ〜見る
| 育児記録(とりいそぎ) | 22:38 | comments(0) | - |
気が付けば、誕生2週間経過
更新不精で申し訳ありませんでした!!

今週は、本当に忙しかったのです・・・。
(まず言い訳)

ブログを更新する余裕がありませんでした。
(でも、他の方のブログは毎日チェックしていた)

そのせいでコメントもお返しできず仕舞でした。
(でもちゃんと読んでいました)

っていうか、忙しいとか言いながら、毎日18時半からの王子の沐浴は、欠かさず私が担当しています。
(結局、親バカぶりを披露)

更新を怠っていた今週も、記録に残したいことは沢山ありました。

という訳で、時間をさかのぼって、この後、随時書いていこうと思いますので、今日の日記を読んで戴いた方は、過去3〜4日分の記録も、是非ご覧くださいませ見る



そうそう!

今日は、タイトルの通り、王子が誕生して2週間が経過したことになりますときめき

生後2週間で、だいぶ様子も変わりましたよ!

撮り溜めたデジカメ写真は1000枚に迫る勢いですカメラ(笑)

スライドショーを自宅でやっていると、本当に1日1日の、いや、数時間ごとの成長ぶりがよく分かります。

何かもぉねぇ、毎日が本当に幸せです赤ちゃん
大変なことも幸せのうちですグッド

で、ここで一つ考え事です。

この幸せを共有できる相手が妻しかいない事は、少々もったいない気がするのです。

「ママ友」は女性同士で我が子への幸せや悩みを打ち明けあいながら、共感したり助け合ったりできますが、「パパ友」ってなかなか存在しないですよね。

仮にそういう友達がいたとして、我が子の自慢をすると、間違いなく自慢争いになり、やがて険悪なムードになる事が容易に想像できます。

育児の悩みを打ち明けても
「ママに任せておこうか〜?」
で済まされそうです。

いわゆる「主夫」的な方って、本当に少ないですよね。

私はその少ない一人になっている気がします。

だからといって、ママ友の輪の中に入るのも、問題が。
というか、私の妻がそれを許さないな・・・バッド

という訳で、このブログは、直接全国の「ママ友さん」と接して情報交換ができる貴重な場なんだな、と改めて思った次第です。

我が子の成長とともに、ママ友さんのお子さんの成長を祈り、そしてこのブログの拡大を目指しつつ・・・楽しい赤ちゃん

どうか、これからも私の事を宜しくお願い致します!


(では更新不精だった記録とコメントの返答を書き始める事にします汗


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑にほんブログ村の「妊娠・出産」ランキングでなんと1位です!
無事の出産祝いに「ポチッ」とクリックお願いします♪
| 育児記録(とりいそぎ) | 19:19 | comments(16) | - |
<< | 2/27PAGES | >>