妊娠してからの費用
計算条件:
  • 9月4日のCheck One FASTから!
  • 品物はマタニティ関連のみ(一般食品/一般衣類等は除く)
  • 診察代、通院代を含む
  • 無事出産が終わるまで!
  • お祝いや御礼の費用も!
合計:約23,200円
(10月6日現在)
妊娠してから買い始めた物
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
妊娠セラピー―はじめての出産でも安心
妊娠セラピー―はじめての出産でも安心 (JUGEMレビュー »)
スーザン・マギー,カーラ・ナキスベンディ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
気になるモノ
<< 妊娠10週 便秘には玄米が最適! | main | 妊娠10週3日目 下痢に襲われる >>
近所で出産か、里帰り出産か
本日、妊娠10週2日目です。
最近1日1ミリペースで成長しているお腹の赤ちゃんは、
今頃30ミリくらいになってるかな?

で、そろそろ出産をする場所を決めないといけない時期です。
産院には、何件か見学に行ったり、問い合わせをしてみました。
ネットで口コミ評価を調べたりも・・・見る

産院のスタッフは
「妊娠8ヶ月までに決めてくだせれば結構です」
と言ってくれるものの、実際は早めに予約しないと
「個室も、共同部屋も埋まってしまう可能性がありますよ」
とも付け加えています。

更に産院での施設案内や行事案内を見ると、
妊娠の中期頃から定期健診を始めたり、出産準備の各教室を開いたりと、
事実上、妊娠3ヶ月位までには決めておかないと、正規の流れに乗り遅れてしまう感じです。

それより何より、
これからの体調管理は「緊急事態」が付きモノなのです。
何らかの理由で「切迫流産」になったり、妻が貧血や栄養失調で倒れたり、
なんて事も想定しなくてはいけません。
そうなると、万が一のときに駆け込んでも24時間体制で親身に相談してもらえる産院に、普段からお世話になっておく方が絶対に良いと言えます。

現在、妻が通っている専門医は、実は不妊症がメインの個人医院。
地元の評判はすこぶる良く、いつも満員御礼状態で健診も1日がかり。
それでも親切丁寧に対応してくれて、これまで全権の信頼を置いているのですが、あくまで不妊治療メインなので、急患や夜間対応はしていません。医院としても「妊娠中期以降は別の医院へ行った方が良い」という明確な方針を出しています。

そんな状況なので、今の専門医さんにいつまでも甘えている訳にはいかず、いよいよ産院を決めなくては、と。

現在、全く決まっていません。

妻の実家が神奈川の割と海に近いエリア。湘南に近いところ。
ゆったりとした時間の中、自然に囲まれ、実家の両親にサポートしてもらいながら、出産準備をするのも良いと思います。
今の住まいの埼玉も、比較的病院が多くて夫としては安心します。

さて・・・どうすれば良いかなぁ・・・汗


参考までに、ネット上で参考になりそうなサイトを調べてみました。

ピジョンインフォ
会員登録無料で、全員に子守歌CDもプレゼントらしい!





ビーンスターク・スノー
ちょっと珍しい育児コミュニティですね。
無料会員登録で育児用品モニター募集とか、プレゼント情報が多いみたいです。




口コミとかコミュで相談に乗ってもらえたりするかなぁ。
| 子育て心構え | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://life.shinga.net/trackback/593404
トラックバック